読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住み込み、始めました。

住み込み、始めましたin沖縄。2017年3月開始。現在進行中。絶賛公開中!

セクハラは許されない。

私をある意味歪めた一種のイベントがセクハラでした。


住み込みをはじめて間もなく参加したお酒の席。
行きたくなかったから、気を使ってまで行ったことを激しく後悔しています。
私は負いたくもない精神的ダメージを受けることになりました。

なぜ、私が告発……会社に話したのか。


それはやはり、これ以上嫌な思いをする人を出したくなかったからです。



聞けば、その人は過去の派遣の人から若い職場の女性にてを出していたそうな。

私が話したことで判明したのは、過去に誰もそのことを話した人はいないということでした。
噂はあったそうですが。

セクハラされてわかりましたが、どう考えたって気持ちのいいもんじゃあありません。
得もない。
嬉しくもない。
そんなのに我慢する意味もわからない。

実際被害にあった人は、酒の席だから我慢したなどと話されてました。
……正直、私もそれで最初は我慢してました。

でも、された事実は被害者のなかに残っているものです。
掻きけせればいいんですけどね。
けせないものもあるんです。



私の場合、そのセクハラした人が翌日すっとぼけたような言い方をしてたんです。
自分、何かしましたかね?と。
あぁ、覚えてないんだなーとひきつりながらもなんとか笑顔を作ってました。
ですが、その後言動やら行動やらでどうも距離を縮めてきているなと感じました。

あんなに近づかれて嫌な思いをしたのに、相手はきっと覚えていてなおかつ近づいてきている。

私はそう思い、それがとても許せませんでした。

悪気がないのでしょうか。
これぐらいいいでしょとかおもってんのでしょうか。
私にはわかりません。
ただ、相手に事実確認したら認めたそうです。

許せませんでした。

日に日に目にするのもいやなくらいにダメージを受けていきました。
そして、そこまでして仕事をすることがよくわからなくなりました。
結果、私は辞めました。

会社の方に謝れて改めてセクハラは許されることではないと実感しました。



住み込みの仕事に関わらず、セクハラというものはどこにでもある話だと思います。
悲しいことに。

思ったより、跡を残します。