読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住み込み、始めました。

住み込み、始めましたin沖縄。2017年3月開始。現在進行中。絶賛公開中!

住み込み先の先輩が神様な話。

「第一印象に気を付けるはずが……」






やらかした。


おーのー……。













休憩に入った私はもぬけの殻でした。

見苦しい言い訳をさせていただいてもいいですか。

めっちゃ、疲れたんだよ前半戦!!



休憩も初めてで食堂にはいるのも初めてで。
初めてにかなりのエネルギーを使い果たす私ですので素っ裸でしたね。
あ、素でした。
ある意味、裸のように一糸纏わぬ本当の私がこんにちわしてましたけど。
取り繕ってもないただただ疲労した真の私でした。

だから、目の先で私に、私から挨拶しなきゃいけないのにわざわざ挨拶してくださったかたの存在に気づかなかった!
あーもう、時間戻らないかなー、なんて。


二回目の(一回目は私が無意識にスルーしていたと思われる)「お疲れ様!」に、はっとなった私でした。



「はっ!?お、疲れさまでし!」
みたいな。
挙動不審すぎる。

そのかたは私と同じ制服を着ていて、同じ部署のかたということが一目でわかりました。

あれ……もしかして、現地入りしたときに見かけたかもしれん……?
などと思う私をよそに、そのかたが「食堂を利用するのは初めてだよね?」と、お食事のところなのに教えてくださったんですよ!
めっちゃ分かりやすく、丁寧に!
な、なんだこのかたは!
神様か!


聞くと、私同様派遣の方でした。
先輩さまです。

「職場のひとは優しいけど、聞きづらいこともあるだろうから」と言ってくださって。
マジなきそうだった。
同じ派遣としての立場だからこそわかる気持ちや思い、感じかたをそのかたは親切に教えてくださいました。
先輩様はイコール神様だと思った瞬間でした。


あんなに親切に教えてくださって、真面目に感激した。



派遣の先輩は頼もしいって、ネットでよくみてたけど、本当だった。