住み込み、始めました。

住み込み、始めましたin沖縄。2017年3月開始。現在進行中。絶賛公開中!

そこは、優しい人たちばかりだった。

まず、わたしはコミュ症です。
無駄に緊張するし焦るしテンパるしです。
住み込みを考え付いたけど考えるだけで終わる。
そんな可能性もゼロじゃありませんでした。
でも、そんな自分を引っ張りだしました。
行こう。
沖縄に。









「アホかー!」



べしっと、突っ込まれました。



住み込みをして初仕事のこと。

実際はアホかー!じゃないんですが、(仮)とさせてください。



仕事中に突っ込まれまして、ちょっとビビりました。

でも、それ以上にびっくりしたのはお世話になった先輩のおばさまでした。
おばさまはなんども「アホなんていってしまった……」と申し訳なさそうにしてました。
私自身、瞬時に自分の失態に気づきました。
てか、ほんとに気にしてません。
私は必死に「大丈夫です」→「いや、私が悪かったので」→「ほんと、お気になさらず!!」と肩を落とすおばさまに声をかけてました。

一緒に仕事をさせていただいたおばさまがたは、とにかく必死で、大ベテランで早いのにそれでも慌てるくらいに格闘されてました。
「口は悪いけど、ほんとにいいおばちゃんたち」となんども聞いていましたし、どつかれてもまったく気になりませんでした。
だって、わかりますもん。
めっちゃ仕事に必死に取りかかられてましたもん。
という私が新人の癖になにいっちゃってるの?という感じですよね。すみません。
でも、早くも来てよかったなって思いました。
仕事はマジで大変です。
時間との戦いで、裸足で駆けまくってました。
わからないことはすぐに聞きました。
これでいいかと確認もしました。
おばさまはそのたびにちゃんと教えてくださって、間違えも訂正してくれました。
まっったく、気になりませんでした。

仕事が終わって、私に向かって微笑んでくれたおばさま。
じゃあねーと言ってくれたおばさま。
ほんとに、仕事を一緒にさせていただいてよかったなと思いました。
気持ちよく初日を迎えられました。


たぶん、これからなのかもなーー。なんて。
でも、すでに楽しさも仕事のなかで見つけられました。
ベテランさんには及ばないけれど、もう得意なお仕事を見つけられました。
コツをつかめたのも、おばさまのご指導のお陰なんですが。


私なりに、やれそうです。
とりあえず1日目終わりましたよ!