読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住み込み、始めました。

住み込み、始めましたin沖縄。2017年3月開始。現在進行中。絶賛公開中!

事情聴取

改めて、こんな思いをするとは思いませんでした。



今日、事情聴取されました。

上のかたに詳しく話を聞かしてほしいと言われまして。




で。


自分がいる間に、相手に話をしてもいいかって言われました。
正直複雑です。
そのときのことを思い出すのだけでもきもちがわるいのに、そんな話を相手にしたら余計恨まれそうというか。
単純な話じゃないんですよね……。

本音をいってしまえば嫌です。
もう関わることもせずにこの場から去りたい。
口も聞きたくなんかありません。

でも、ここで相手に会社から接触がない場合なかったことのようにされてしまうんです。
私がいる間での話し合いでないと意味がないと。
ですけど、そんなことされたら余計なにか思われるしいらん心配とかストレスとかで狂いそうになります。

もう関わりたくもないし触れたくもない。
でも、私が「戦わないと」被害が出るかもしれない。
でもでも、そのための犠牲に果たして私がならないといけないのかなって思います。




……やだな。

なんでまたこのことで苦しまないといけないんだろうな。


もうただただ気持ち悪いです。

退職することになりました。

この度、初沖縄での初住み込みとなるお仕事をやめることになりました。
そのことについてまとめていきたいと思います。

大きな原因は、何度か記事でまとめたセクハラ問題です。

私が被害にあったその日以降、セクハラをした人は覚えていないような言い方をされていました。
のわりに突然呼び捨てで呼んだりと親しげに振る舞われ、とぼけるような発現をしたことに嫌悪感しかありませんでした。


それに、問題なのは以前にもセクハラがあったといことです。



同じく派遣のかたに何人も手を出していたことがわかりました。
周りのかたも知っているそうです。
そ!が原因で部署を異動したのに、その上での犯行でした。
そういう人だから、という情報はすでに会社でほぼしれわたっていたのです。
なんだ、みんな知ってたんだ……
と周りを攻めたいわけではありません。


ですが、そのかたも反省しないんだなとなんだか悲しく思います。
私がなぜ、こんなに気持ちの悪い思いをしなければならないのか。
もう、本当に信じられない。


今日も目があってお疲れーと言われましたがもう辛い。

不信感でいっぱいで。
そんななかでお仕事ができるはずもなく……。


愛想よくニコニコしているとやな思いをするはめになるんだなと……

反省しています。


でも、こんな思いで仕事をし続けたくはありません。
期間までストレスを感じながら働くなんて拷問に近い。


なので、退職を決めました。

こんな形で去ることになるなんてただただショックです。

とてもショックです。

想定外のショック。

私は沖縄へ飛行機にのって、長い時間をかけてやってきました。

そして、数ヵ月して「あぁ、こんな思いを沖縄にきて味わうのかー」と思う出来事がありました。


別に、私は遊びに来たわけではありません。
派遣されてきた一人として微力ながらに仕事をしていこうと頑張ってきたつもりでいました。
だから、寮の環境にもなんとかなれようとしました。
不便な周りの環境を受け入れつつありました。
たくさんいる仕事先の方との仕事上のストレスもありました。
拾うもありました。
くたくたになる日々でした。
それでもなんとか頑張ろうとしていました。

ですが、ひとつの出来事から不信感で一杯になりました。


こんな思いをまさかするなんてなーと、私のことですが笑っちゃいたくなります。

仕事のために来たのにその仕事がろくにできないくらい、不信感もあれば関わりたくもなくなるわで。
そのストレスものし掛かる。
たかがそれだけのことで?と思われるかもしれません。
ですが、ほんとにショックで。



もし、これから派遣でリゾートバイトをするよというかた。


どんなことがその先に起きるのか誰にもわかりはしません。
もし、なにか起こってしまったら。
一人で抱え込まないでください。

ブログを振り返ってみて。

住み込みで沖縄に行ってみたいな。

体験して見たいな。




そんな思いを行動力に変えて、飛行機のチケットやら手続きをして、いざ沖縄へ飛び立ちました。
正直前日まで沖縄行きが信じられなくなってました。
じぶんで決めたのにね。
勢いってものがあったんですよ。


で、やってきて。

思っていたより沖縄っぽくないなーと思っていた矢先、仕事先は想像以上になにもない村でした。
コンビニまで歩いて15分。
一面畑。
すぐそこにビーチ。

別に沖縄を堪能しようなどと考えておらず、ただ
初住み込み初沖縄を経験したかったという目的だけがありました。
つまり、沖縄へ上陸したことで私の目的はほぼ終わったことになります。
住み込みの仕事も一ヶ月もたてばだいたいどんなものか感じがつかめてきました。
仕事は大変でしたが、がんばっておぼえました。
人間関係などでストレスもありましたがそこまで苦痛ではありませんでした。
無事に期間を終了できそうかな、と思っていました。

ですが……。


前回の記事にもあげましたが、問題が起こりまして仕事に行く足取りが重くなりました。

私は沖縄を楽しむためではなく、仕事をするために来たようなものでした。
だから、苦痛で仕方がありません。
ショックもあります。


私がどんな答えを出すのか、自分自身なんとも言えません。
今は、ですが。


ただ、この体験を文章に変えてブログに載せていきたいと思っていたので、最後までかいていきたいとおもいます。
私自身のためでもあり、このブログを見てくださったかたの何かしらの役に立てればという思いがありますので……。

セクシャルハラスメント。

セクハラ、だめ。
ぜったいだめ!

というわけで。

正直に書きます。

派遣として沖縄へ参りましてもうすぐ2ヶ月となりますが、早くも退職することになりそうです。
というのも、ちょーっと問題がありまして。
まさか私自身に降りかかるとは思いませんでした。

セクハラです。

ですが、それを打ち明ける相手もおらず、相談してもなかなか共感していただけませんでした。
なので、派遣会社に相談。

そしたら、こんなことばをかけてくださいました。

「せっかく沖縄に来たんだから嫌な思いはしてはいけませんよ!」
「退職はすぐできますから」
「方法はいくつもありますから、一人でかか笑んでください!」
と。

正直、こんなにたくさん声をかけてくださるとは思いませんでした。

顔も知らない、一度もお会いしたことのないかたはたくさんいました。
でも、そのなかでもこの派遣会社の担当の方はやさしく声をかけてくださいました。
嬉しかったです。

正直、ショックでした。

飲みの席に嫌々参加した結果にこの様で。

まだ数ヵ月しかたっていないのに、沖縄に来たのに
こんな思いをしないといけないだなんて、と。


まだショックは抜けませんが、仕事は明日もあります。



これからどうするのかという決断を今月までにして、このブログでも語っていきたいと思います。

木酢、ご存じですか?

気になる寮の臭いがありました。

それが今じゃあ全く匂いません!


臭いを取っ手くれたのは、木酢とよばれる液体です。


臭いは正直独特ですが、時間がたてばとれます。
木酢そのものの臭いは、酢です。
すっぱーーーい臭い。

私の場合は仕事に行く前に振り撒いてます。
そうすれば木酢の臭いにやられることはありません。

リセッシュみたいなものです。


木酢の存在はうっすらと知っていましたが、今回は職場のかたにいただきました。
ので値段は正確にはわかりませんが安くないとだけ。

ただ、効果はあります。
臭いをなくしてくれる、ありがたい存在です。